シングルサインオンを導入して社員の負担や手間を軽減しましょう

シングルサインオンを選ぶ時のポイントとは

考える男性

シングルサインオンはSSOともいわれ、1つのIDとパスワードで認証を行えば、多数のWebサービスやクラウドサービスにアクセスできる仕組みのことです。
自社でシングルサインオンを導入しようと考えた時、どのようなところを重視して選ぶとよいのでしょうか。
導入する際の重視ポイントを紹介しますので、自社に合うタイプの導入を検討してみてください。

1つ目は導入効果やシステム連携の検証です。
初めに課題を明確にし、シングルサインオンの機能で課題をクリアできるようならば、一定の効果が見込めるので導入する意味はあると言えるでしょう。
そして、自社で使用しているシステムと導入しようと考えているシングルサインオンが連携できるのかもチェックしないといけません。
中には連携できないシステムもありますからしっかり確認しておきましょう。

2つ目はスケジュールやコストの確認です。
導入までのスケジュールがきつくないかチェックが肝心です。
実際、導入を決定してからは、アプリケーションの手直しといった微調整が必要になることもあります。
他にも、通常の業務とは別に導入のために新たな業務が生まれる可能性があります。
それらを考えたうえで、必要な時間や人員が用意できることをチェックしてから、具体的に動き出すようにしましょう。
コストも大切なポイントになります。自社で支払える予算に応じたシステムを選びましょう。

社員の負担を軽くするシングルサインオン

導入する事で社員の負担を軽くできるOSSとして挙げられるのがシングルサインオン(SSO)です。ほとんどの社員の負担を軽くする事ができますので、今後徐々に社員の負担を軽くしていきたいと思ったら真っ先に導入したいOSSです。デモで実際にシングルサインオンの操作方法などを教えてくれるOSS開発の専門会社もありますので、一度試してみてはどうでしょうか?

シングルサインオンで出来る事ですが、名称通りで一度の認証で複数のシングルサインオンに対応しているオンラインサービスやアプリケーションにログインする事が出来ます。その為、社員がオンラインサービスやアプリケーションごとの複数のIDやパスワードを管理する必要がなくなります。一度認証すれば対応している全てのオンラインサービスやアプリケーションで認証する必要がなくなりますので、作業効率も飛躍的に上がります。

もちろんシングルサインオンに対応していないオンラインサービスやアプリケーションを利用する場合は個別に認証作業をしなければいけませんが、それでも業務に必要な全てのもので認証をしなければいけない場合と比べて大幅に社員の手間は減ります。導入もそれほど難しくはありませんので、検討してみる余地は十分にあるのではないでしょうか?

複数のIDやパスワードが必要なくなるシングルサインオン

業務で複数のオンラインサービスやアプリケーションを利用している場合、その分だけIDやパスワードを用意する必要があります。IDやパスワードの使いまわしは情報漏洩に繋がる事がありますので、それぞれ別のものを用意しなければいけません。しかし、そうなるとIDやパスワードを管理する手間が掛かります。ですが、OSSのシングルサインオン(SSO)を利用する事でそういった手間が掛からなくなります。

シングルサインオンでできる事ですが、簡単に言うと一度の認証でシングルサインオンに対応している全てのオンラインサービスやアプリケーションの認証が必要なくなります。それぞれのオンラインサービスやアプリケーションごとに認証する必要はありません。その為、複数のIDやパスワードを管理する必要がなくなります。

シングルサインオンの導入が不安だという場合は、デモを使って操作方法を教えてくれるOSS開発の専門会社もありますので、そういった会社に相談する事をおすすめします。導入自体のアドバイスもしてもらえますので相談して損はありません。もちろん他のOSSの導入のアドバイスもしてもらえますので、この機会に多数のOSSの導入を検討してみてはどうでしょうか?

トピックス

  • 開発の取っ掛かりに最適なOSS

    アプリケーションやシステムなどを開発しようと思った時に最適なのがOSSです。OSSを使う事でアプリケーションやシステムがすぐにある程度…

  • OSSを利用する事で大幅なコストダウンに繋がります

    システム開発やアプリケーション開発をしている企業はもちろんの事、個人でフリーランスとしてシステム開発をしている人が頻繁に利用しているの…

  • 高レベルなOSSも非常に多いです

    誰でも無料で自由に使えるOSSは、ソースコードのバグなどが見つかりやすく、すぐに修正されて再配布となる事も多いです。その為、場合によっ…

  • OSSを使っての開発なら大幅に手間が減ります

    システムやアプリケーションを開発する場合、まずはそのシステムやアプリケーションに利用できるOSSがないのか探すところから始める事をおす…